花と色


c0159048_1894026.jpg


  






  花は正直だ
  どの位置へ  どの向きに  どの花を
  イメージの具体化をほぼ直感でやっていたが




c0159048_1816266.jpg
  

  



  



  

  やはり技術は必要
  教えていただいて
  フォルムが崩れなくなった(^^
  





c0159048_181233.jpg







     





   

   これからはいろどりが課題
   どうしても使いたい色は決まってしまう
   (ブルー  ホワイト グリーン の類が好き)
   すきやきらい ではなく
   必要かどうかで決めよう
   今まで以上に直感を信じて











 
   
   
[PR]

by hitomi8114-i | 2016-03-14 20:53 | 日常

老親の携帯(電話のみ)事情

冬中こちらに居た親が地元に帰った。

が、すぐに電話が鳴る。

冬中練習し、畑に居る時や車に乗っている最中、もし誰もいなかったら、
自分で119番を掛けることができるように。
そして、万が一家の電話が使えない何事かが起こったときのために
一から十まで電話機能に特化して練習しまくった携帯からの着信!!


うん、よしよし。いい傾向。自分から携帯をかけてくるなんて。
と思いつつ、電話にでる。

なんと、自宅の電話が故障していて、全く送受信できないのだと。
さらに、水道管が一部壊れ、車も車検にだし、さらにタイヤ交換しないとだめと。

なので、帰ってからは、充電しながら携帯で多方面に掛けまくったという報告だった。

「いや~補聴器も買い直し、携帯も練習しておいて良かった。
人間、いざとなったら、苦手だなんて言ってられないんだね~」と




親の口癖は「知らないし、やったことが無い」だった。

それを、いろんな例え話や出来事を話し、説得し、携帯の練習を始めたのが約二年前

ようやく必需品の候補にまで認識度が格上げされたらしい。

「車運転できるんだから、大丈夫
運転できない私が携帯使っているんだから」

そのことばが決め手になったと、後から聞いた。

大事かもしれない、、、搦め手も。
[PR]

by hitomi8114-i | 2014-04-21 07:56 | 日常

ロバート・キャパのサインが・・・

今日の夕刊に、ロバート・キャパのサインが
文壇バー「みちくさ」に残されていたとの記事が。

東京都写真美術館の「101年目のロバート・キャパ――誰もがボブに憧れた」
に追加展示されたと。

☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆⌒*⌒☆

切り取った瞬間の、そのページから、『呼吸』を感じていた。
キャパの写真集の中には、息遣いや時間を感じさせるものが本当に多い
写真集を購入した時期、細部まで記憶の中に残そうと、食い入るように見て
いたことを思い出す。

5月11日までの写真美術館の展示。
期待してしまう。
[PR]

by hitomi8114-i | 2014-04-16 21:34 | 日常

約1年やってみた結果・・・

4月だー
8%だー
定期健診だー

あ―、、、今日行くんだったら、3月の最終に検診日を設定するんだった・・・。
と、思ったのも一瞬、今日は、都営地下鉄にも乗るので、
まだ5%の乗車賃(都営地下鉄は6月から増税)と知って、
少しにっこり。
つくづく庶民感覚の自分を笑ってしまう。

きょうの本題はお金に関して。

アベノミクスと言われる数十年前、バブルはもうはじけていたが、株で少しにっこりして
リーマンショック、ギリシャショックの時期はさまざまな影響から来る
自らの心身面で、それどころではなく
東北大震災のときは田舎の実家・親類縁者への手当と気遣いで手いっぱい
結局、一部塩漬けし、買い足しもしていた外貨預金を解凍したのはつい最近だった。


そして、今回の『アベノミクス』では、FXにおそるおそる手を出してみた。
約1年、手さぐりの中で勉強しつつやってみた結果として、月間単位では3勝9敗(泣)

外貨預金は証拠金は必要ないが、FXのデメリットは証拠金が必要で、メリットのレバレッジ
を効果的に使うためには、持ちこたえるための資産が必要になってくる。
外貨預金よりは、はるかにハイリターンを期待できるが
油断をしていたり、欲をかくと、ロスカットが近づいて来るときがあり、
前もって切り捨てる金額を自分で設定しておくか、証拠金の積み増しをしないと
様々な恐怖がおそってくる。

それでも、、、約1年間やってみたのは、
投資とギャンブルの違いって何?、向上心と欲の違いは?
ドーパミンじゅわーー の気持ちってどんなの?などなどを体験・経験したかったから。

ここから先、FXを続けるかどうかは不透明だが、
上の感覚は掴みかけている。
うん。やはり、やってみてよかったのだろう。
[PR]

by hitomi8114-i | 2014-04-01 06:03 | 日常

気ついて。。。病(やまい)になる手前で食い止めるぞ!

時間の管理の中に
健康管理が入ってきたのはいつからだったか・・・・・

婦人科系の病気になってホルモン療法をおこない
肝臓の調子が悪くなり、さらに、むくみを身体から排除できにくくなって
病気が治っても、結局むくみは居座ったままだった。

その時から、どうすればむくみをとることができて
かつ、病気にならないようにするためにはどうすれば良いのかを
知識の中だけでなく、現実問題として取り組んできたように思う。

でも、、、
首に腫れ物ができて切開した痕がもう2歳の時はあったし
盲腸、卵巣の手術をし、顎のリンパ節がが腫れて今回同様入院したことがあったし
薬のアレルギーで肝臓やられて注射したこともあった・・・。

これって、身体が丈夫じゃないって、気が付くのが遅かったってだけかも。。。って思ったときには、
もう、上のむくみが取れない状態になっていたのだ(本当に気づくのが遅い!)

今、むくみはリンパマッサージと、食事のおかげでなんとかおさまっている。

これからはにんにく系のサプリメントも摂り
続けているブルーベリーも
勿論マッサージも続けて
おまけにヨガも再開して
健康にならなくちゃ。

あ、今晩はマスクをかけて寝てみましょう(^^
[PR]

by hitomi8114-i | 2014-03-17 17:32 | 日常

緩む

熟れて落ちた柿がひしゃげ、箒で掻き取るようにして塵取に入れる
そこに 色とりどりの落ち葉を掃き集め 袋に入れて戻ってきたら、、、
27号の影響か?強い風で落ちた葉が もう舞っていた

急に冷え 途中で掃除を止めてしまった……今朝。
太陽が昇り切らない前の わずかの閒なのに
身体がまだ本調子ではないのか?


身内が亡くなり この夏はほとんど田舎で過ごし
葬儀のすぐ後に事故に遭い 診断書を持って 初めて警察署に行った。
ルーティンワークのみでいたのに 最初の頃はきつかった。

台風襲来に備え、やることは山ほどあって、18号から結局動き回っている。
そうしたことが良かったのか、、、?
はかばかしくなかった肩と首と意識が ようやく普段の感覚に戻り
目が覚めたようにクリアになりつつある

明日(いや、もう今日か?)の朝は吹き荒れる風と雨で 落ち葉は路面に張り付いているだろう
1日くらい掃かなくても、、、いいよね

張った気がここに来て少し緩む
緩んで気づく。
気も肩にも 力を入れていたんだな。と



   
[PR]

by hitomi8114-i | 2013-10-25 01:09 | 日常

齟齬

「齟齬」とは(類語辞典によると)
食い違い ・ 行き違い ・ 間違い ・ ずれ ・ 不備 ・ 不手際
「 齟齬を生じる」
「 狂いを生じる」
「 (全体が)変になる」
「 おかしくなる」
「 手違いが生じる」
「 見込み違いが生じる」
「 歯車が狂う」

などと使われるが、、、


言葉をつくして話しても、通じないと、実際萎えてしまう。
世代間の問題なのか、物事への感じ方が違うのかは解らないが、
結果、感情に任せた言葉や、いじけた態度が「齟齬」に輪をかけて襲いかかる……。

悪者になって(自分は『悪くない』と思っている心の中が分かりすぎるくらい透けて見えるのだが)
その場を終わらせてしまいたい。と放たれた問題に関係の無い言葉が、突き刺さる。
もっとも、そのくらいでは「痛み」は感じないが(苦笑)、苦みが浅く広がって、雫となって下へ溜まるのだ。

下に溜まった諸々が溢れないように。対処を怠らないように(過去、溜まりすぎて
溢れかえった結果が、あまり良いものではなかったので、注意!注意!)しなければならない
のだが、それにさらに余計な手間と時間がかかるので、我ながら始末が悪い。

その「相手」が、一般にいわれる『弱き者』ならば、それ以上言うことは、やはり憚られ、
齟齬が生じた原因に互いに向き合い、では今後はどうしたらいいかという将来に向かっての
建設的な意見を出し合い、妥協点や落ち着き所を見出すまで落ち着いて話し合う……
ということを試みようとすると、、、これが途方もない徒労に終わるのだ。


しばらく立ち直れなかったが、ようやく息をつく。
書けるということは、そういうことなのかもしれない。

これも一種の修行だと今は思って、、、。
しゅぎょう……シュギョウ……と口のなかでつぶやいている。
[PR]

by hitomi8114-i | 2013-07-15 14:11 | 日常

え、もう7月!?

正直、あせった。

もう7月だなんて

家族の衣替えと、羽毛布団を干して夏掛けには変えたけれど

自分の衣替え、、、まだ、、、、。

去年はチャドクガでメタメタ
その前は身内の骨と癌の手術で
その前は病気が見つかり手さぐり状態&気持ちがダメで


で、今年は介護ってか。。。。


はぁ、、、なんともはや。



時間をうまく掴まなくっちゃ!!
[PR]

by hitomi8114-i | 2013-07-02 06:30 | 日常

器用でないから ―覚え書ー

自分の中にある醜い心根

こんなことを面倒だと思うんだ。
こんなことが、嫌だったんだ。
そんな態度に、腹がたつんだ。

と、自身の中でそんな感情を抱いてしまう「出来事」が、断片的に続いている。
その「出来事」から、逃れることは、、、できない。
また、逃れたいとも、今は思っていない。

その種々の「出来事」が、日常の、ありふれた、なんてことはない、決して特別なことではない
からこそ、そんな自身の心根が、よけい狭量でさもしく感じられてしまう。

でも、結局、
自分がやるしか、他のひとは当てにできないことなのだから……。
そんな感情など抱かずに、その中身にのみ焦点をあて、いっさいの感情を排して
行動することが、かえって自分をことさらに苦しめないことになるのでは??

という考えが、やりながら浮かんできていた。

それから、、、
もくもくと、ただ目の前のことに集中して・注意して、している。

結果、少しだけ楽になった。
感情をいちいち波だたせない。
OFFとONを切り替えれるように。

器用でない自分の・・・・・・覚え書
[PR]

by hitomi8114-i | 2012-05-20 05:58 | 日常

開ける・明ける 時

5時。
雨戸を開ける音が、夜気をつたわってくる。

グッーッと一気にすべったあとにガタッと釘のようなものに当たり
戸袋部分におさめる音が聞こえる。

その音は 仮設住宅の「旗」と同じ意味を持つ。

インターホンを押さなくとも
回覧板を回さなくとも
決まった時間帯の その特徴ある開け閉めの音は
その人の無事な一日の始めとやすむ時を教えてくれる。

電動シャッターの音は外部には漏れないけれど
昔ながらの雨戸は外気を震わせて伝わる。

田舎の家は近所でも50メートル以上離れていて
まったく気配は伝わってこなかったが…
勝手に庭先に入っていける気安さがあった。

都会での家・家・家…は握手できそうな家・家・家もあって
似たような猫の額の庭を持っている上に、ここは建つ。

日常の確かさの陰の中に潜む危うさ
雨戸の音が聞こえなくなるとき……を想像してしまう。
  音を立てる人と
  音を聞く人
  どちらも、、、存在して成り立つ

夜が  無事に明ける 
その窓から 朝陽が差し込んでいるだろうか……。
[PR]

by hitomi8114-i | 2011-11-22 05:14 | 日常

ASPアクセス解析